デリヘル嬢になりたいと生徒が言ったら

3097470619_d6f75b0408_o小学生の時はともかく、中学の3年生にもなると進路相談が行われる様になる。これは高校でも同じかと思うが、この時大きく進学するか就職するかのどちらか一方を選ぶ事になるはずだ。ここで、もし高校生の少女が「私はデリヘル嬢になりたいです」と言ったら教師らはどう対処するのだろうか。

真っ向から否定するのか、それともあなたが選んだ道だから良いんじゃないのと言うか対応は難しいだろう。今まで何千万という生徒が教師と話をしたはずだから、その中でデリヘル嬢志望の女子生徒が1人もいなかったとは思えない。そんな事を子供が言う訳ないじゃないか等と怒る前に、もしそんな事態になったらと考えておいて損は無いのだ。

だが、言う程簡単ではない。学校の教師はいわゆるレールの上を進んできた人達が多いからだ。色々な人生がある、その事を頭で理解することは出来るかも知れないが、実際には全く分からないのが実情だ。

この問題を解決するためには教師と生徒の上下関係を見直すべきだと思う。人生の先輩とはいえ分からない事ばかりなのである。だから素直に風俗の事は分からないと言ってしまえばいい。生徒はデリヘル嬢になると自分で決めたのだから、教師はそれを尊重する事が大切なのである。

サブコンテンツ